デイトレ用語とテクニック アルファベット一覧
株(デイトレード)編 ≪ デイトレ用語とテクニック アルファベット

デイトレ用語 A to Z / BPS / EPS / IPO / PER / PBR

BPS

BPSとはBook-value Per Shareの略。一株当たり純資産を意味する。

企業の安定性を見る指標。BPSが高ければ高いほど、その企業の安定性は高いことになる。

BPSの詳細はコチラ

EPS

EPSとはEarnings Per Shareの略。一株当たり利益をいう。

一株に対し最終的な、税引後の当期利益(当期純利益)が値段=利益である。

EPSが高い場合は、収益性が高いとされ、ファンダメンタルを重視する中・長期投資において、重宝される。

EPSの詳細はコチラ

IPO

IPOは「Initial Public Offering」の略。日本では単にIPO、新規株式公開、新規公開株などと呼ばれる。

IPOとは、上場していない企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させ、資本調達を図ることをいう。

IPOの詳細はコチラ

PER

PERとはPrice Earnings Ratioの略。株価収益率をいう。

株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する際に利用する。特に中・長期投資において重宝される基準値。

PERの詳細はコチラ

PBR

PBRとはPrice Book-value Ratioの略。株価純資産倍率をいう。

当該企業について市場が評価した時価総額が、会計上の解散価値(株主資本)の何倍であるかを表す指標である。PBRが高ければ、将来性が期待できる企業と評価され、PBRが低ければ、将来性が期待できない会社と評価される。

PBRの詳細はコチラ