冷却気味とデイトレについて
株(デイトレード)編 ≪ デイトレ用語とテクニック ら行 ≪ 冷却気味

冷却気味とは株価が値下がりすぎている様子をいう。

その後、反発し、値が上がる可能性もある。

冷却気味とデイトレード

株価の動きは水物であり、絶対というものはない。過熱感が強い場合には、値下がりする可能性が強いので、さっさと売って利益確定することが多い。

これに対し、売りが先行し、値を下げている冷却気味の銘柄については、こちらについても静観すべきである。つまり、過熱感だろうが、冷却気味だろうが、不安だったら手を出さないようにすべきなのだ。

日経平均が値下がり、出来高が少ないような、市場全体が冷え込んでいるときには、「上昇するかな?」と見込んだ銘柄でも、値を下げる場合が多々ある。

リバウンドと同様、冷却気味だと思った銘柄でも、焦って手を出す必要はないと考える。